ギャラリー

こちらでは私が制作した 特殊造形アート と仕事で制作したものの中からの一部をご紹介していきます。

 

AGNI ー対極ー

 

造形アート

W425mm × H655mm × D50mm

素材:樹脂、木材

私自身の興味の一部を造形化してみたアート作品です。

物事の対極をテーマに制作しております。

 

詳しくはこちらの記事で。

造形

芸術を探究【6】自分自身の興味を造形化してみる

2019年10月27日

 

 

go-Shintai ー御神体ー

 

H680mm × W480mm × D280mm

素材は主に樹脂、木材、天眼石、和紙です。

和紙のテクスチャーや風合いは以前から気になっていていつか作品に生かせればと思っていました。

いろんな和紙を使用していますが、表面前方に使用している和紙は空間にひらひら舞うほど軽く薄いものです。

その薄い和紙にレイヤーをつけて神秘的な雰囲気を演出しています。

アメリカのアーティスト雑誌「Spectrum Fantastic Art」25号に掲載されることになりました。

art spectrum25

 

制作過程はこちらから⬇︎⬇︎⬇︎

造形アート

特殊造形アート「go-Shintai -御神体-」制作過程をご紹介

2018年6月28日

 

 

 

 

Karma ー業ー

 

H865mm×W720mm×D325mm

素材は主に樹脂、木材、天然石、石粉粘土。

制作にかなりの時間を費やしました・・・、今までは人間の等身大規模でのサイズ感でしたが

初の大型作品を作ってみたいと思い制作に至りました。

テーマは「因果応報」。

 

制作過程はこちらから⬇︎⬇︎⬇︎

特殊造形アート

特殊造形アート「Karma -業-」制作過程をご紹介

2018年7月18日

 

 

 

 

Taṇhā ー渇ー (タンハー)

 

素材は樹脂を使用。

初めは試してみたい皮膚表現があったので実行しようと思い立ち、Amazing school JURでの彫刻デモンストレーションの時に作りました。

上記の『御神体』になる前の状態。

初めの印象は怖く見えると思いますが、怖さの中にも人間的な面や欲望、様々なものが枯渇することへの精神性を感じてもらえれば嬉しいです。

 

制作過程はこちら。

造形アート

特殊造形アート「go-Shintai -御神体-」制作過程をご紹介

2018年6月28日

 

 

 

 

TED✖️羽田空港 アインシュタイン リアルマスク

 

マスク

TEDという有名なスピーチイベントのパフォーマンス用に制作しました。

 

 

 

 

腐乱劍修多陰ノ怪物侍

 

アメリカで開催されている造形販売イベントの祭典「Monster Palooza 2013」に出店した際のものです。

 

 

 

 

天眼のフクロウ

 

フクロウ

結婚式のウェルカムフクロウとして制作。

目には魔除け、厄除けの効果がある天然石を使っています。

来客された方のための特殊造形アートです。

 

 

 

 

Michael Jackson リアル等身大フィギュア

 

マイケル

東京スカイツリーで行われた「マイケル ジャクソン展」用に制作。

 

 

 

 

Chupacabra ーチュパカブラー

 

Amazing school JUR での彫刻デモンストレーション。

未確認生物で有名な吸血生物、オリジナルデザインのチュパカブラです。

 

 

 

 

能 ✖️ 特殊メイク ✖️ ファッション ー能面と般若面ー

 

能

能楽堂で行われたファッションショー用に制作したものです。

 

 

 

 

Spirit Depletion ー枯渇ー

 

Amazing school JUR での彫刻デモンストレーション。

キャラクターを使って精神状態を表現した作品です。

 

 

 

 

Hominus-Nocturna ーリーパーズー

 

造形

映画「ブレイド2」リーパーズのオマージュ。

 

 

 

 

Evil Mind ー邪心ー

 

スカル

 

 

 

 

 

変身メガネ

 

メガネ

面白グッズを真剣に作ってみたらこうなりました。

2013年の「Monster Palooza」での販売用作品でした。

 

 

 

 

 

ミエノコミュージアム

 

2012年三重県のミエノコというプロジェクトで初の個展を開かせて頂くことが出来ました。

ミエノコとは三重県で生まれたクリエイターや職人、アーティストなどを紹介するプロジェクトです。

 

ーGoushiー